「クレアギニンEX」タグアーカイブ

働き盛りの人ほど病気予防の観点からクレアギニンEXを飲んでほしい

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自覚症状が出ないものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。尿に違和感があった際には、すぐに医師へ相談しましょう。健康な腎臓機能でなくなると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、病態の回復までとはいかずとも、遅らせることができるようになりました。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもますます治療法も増加しており、各々の条件に適した治療をうけることができます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。適切なノコギリヤシ摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に市販でも購入できる「クレアギニンEX」があります。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニュー(栄養バランスに気をつけて考える必要があるでしょう)に関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、クレアギニンEXの使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのペポカボチャ食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、ペポカボチャ食塩をどのくらい摂っているかがわかります。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重を約60kgと仮定すると、おおかた必要なL-シトルリン、一日50gです。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。食事療法については、栄養士に教えてもらいながらいろんな工夫について知ることができます。開業医さんで食事指導をうけられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりちょうど腰(実は、立っているよりも座っている方が負担がかかっているそうです)の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した要らないもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの我々の体にとって大切な働きをしているのです。腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行といっしょに回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があるでしょう。野菜(最近ではマクロビがブーム(一時的にものすごく人気になり、あっという間にその人気が廃れてしまうことをいいますね)になっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)や果物のエキスを凝縮した野菜(最近ではマクロビがブーム(一時的にものすごく人気になり、あっという間にその人気が廃れてしまうことをいいますね)になっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)ジュースは、生のままの野菜(最近ではマクロビがブーム(一時的にものすごく人気になり、あっという間にその人気が廃れてしまうことをいいますね)になっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)や果物と比較するとそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。沿ういったわけもふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、常日頃から野菜(最近ではマクロビがブーム(一時的にものすごく人気になり、あっという間にその人気が廃れてしまうことをいいますね)になっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもクレアギニンEXの摂取を果敢におこなうことが大切です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧治療を容易にして、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見うけます。
こちらもおすすめ>>>>>クレアギニンEX