腎臓病の食事は日常的に健康的な生活を意識することが大事なんです

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓に関する治療は病院に行って似つかわしい治療を受けることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切なのです。腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)を極力進行指せない事と、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、その結果として透析の導入時期を遅らせられます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。肉や魚その他卵や豆腐はかなりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が入っています。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で言えば30~40gに相当します。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的に応用した食事を造ることも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。多くの慢性腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生のままの野菜や果物と比較すると含まれているカリウムが、エラーなく多量です。その影響で、腎機能が低下している患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。おすすめ⇒腎臓病食宅配ランキング