クレアチニンを下げるには食生活の改善が必須だ!

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱくの特殊食品があります。これらをうまく活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しく食事を制限しないといけません。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品自体がもつ全ての水分と考えます。浮腫がなかったり軽い場合は制限が必要になるのは塩分のみです。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量から医師が特定します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、良好な体調の存続です。透析が必要ない保存期の間は、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂りつづける必要があります。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっているのです。筋肉の量が低下すれば、当然クレアチニンの数値も下がります。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が増加するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質がたくさん含まれており、ついついたべすぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物の場合にも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個分と同程度のたんぱく質が含有されています。続きはこちら>>>>>クレアチニンを下げるには